古より伝わる秘伝の風習が現代によみがえる

昔から伝わる紫陽花の風習は全国各地で見られます。

その中でも、土用の丑の日に紫陽花を飾る風習があります。

それを現代にアレンジしたオリジナルの「金運あじさい」教室は、予想をはるかに上回る反響をいただきました。

ここに至るまでの数多くのストーリーと人のご縁と奇跡。

「花で世界平和」の一環として、皆さんの笑顔を広げたい!

人のご縁のつながりが「円」となり、終わりのない豊かさが生まれ続ける…

そんな本当の「金運」の力が、この「金運あじさい」に込められています。

「金運あじさい」を通して豊かさと平和を、全国にお届けいたします。

金運あじさい誕生のストーリー

日本全国色々なかたちで残る紫陽花の風習があります。

例えば、6月の6のつく日に紫陽花を切り、半紙にくるんでトイレにぶら下げると婦人病に効く、ということが言い伝えられている地域があったりします。

約20年前、このプロジェクトの発起人である森田真樹の母、フラワーデザイナー第一人者の宮脇いづみ氏が、とある旧家の別邸に招かれ時、玄関に赤い糸で吊るされた紫陽花に気が付きました。そのあと行った土産屋にも、次に訪ねたお店にも、入り口に同じようにぶら下がっている紫陽花。

はてと気になり尋ねたところ、その旧家に伝わる風習で、土用の丑の日に玄関に赤い糸で紫陽花を下げ、家の繁栄を守るという言い伝えがあり、それを幸運のおまじないとしてご近所に教えたのだそうです。

その話に感銘をうけたいづみ氏も、毎年紫陽花を赤い糸で玄関にアレンジし飾るようになり、皆さんにもお伝えしたいと、教室で教えたり、販売したりしました。

紫陽花の種類はどれが良いのか、どのようなデザインにするか試行錯誤しながら、ついに、それを引き継いだ森田真樹が10年前、柏葉紫陽花を使ったリースを考案し、のちに「金運あじさい」と名付けてSNSで発進したところ大変な話題になり、今や1年に1度の大イベントとして定着しました。

その後、花の聖地「花園」の紫陽花生産者とのドラマティックな出会いを経て、真の金運とは何かに気づき、それを伝えたい!と思う気持ちと、花業界を盛り上げたい!と思う気持ちから、この活動を全国に広めようと、2018年、金運あじさいプロジェクトを立ち上げました。

その根底には「花で世界平和」という、森田真樹の熱い思いがあるのです。

発起人

森田 真樹

株式会社縁(Enishi) 代表取締役社長

フラワーデザイナー

ギャザリングウェディング総合プロデューサー

花で世界平和・花園を花の聖地にプロジェクト

深谷・花園ギャザリング教室 開催

オリジナルメソッド 心相フラワー講座主宰

埼玉県深谷市生まれ。フラワーデザイナー第一人者の母(宮脇いづみ)と、花の生産者である父の元に生まれ、姉、妹もフラワーデザイナーという花にあふれた環境で育つ。幼少より植物、動物など生物全般に興味を持ち、趣味は釣りと庭づくり。青年となってイギリスでイングリッシュガーデンの技術を学び、また父母の仕事を見てフラワーデザインを学ぶ。

Shop Info

金運あじさい®プロジェクト本部

埼玉県深谷市大塚島74−1ブルーモルフォ内
株式会社縁(えにし)

営業時間:10:00~20:00 (毎週火曜日定休)

TEL. 048-575-0012